第160回日商簿記検定試験日まで

あと時間

簿記3級とは?勉強方法は?独学できる?

簿記ブログ
ヒカテツ
ヒカテツ

こんにちは、ヒカテツです。

 

日商簿記検定1級合格者の個人的な意見を発信します。

 

今回はこのブログのメインコンテンツである「簿記3級」がテーマです。

 

簿記を学ぶなら知っておきたい情報をまとめています。

簿記3級とは?

簿記3級とは、業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」だと商工会議所HPに書かれています。

特に経理職・経営者・フリーランス・副業をしている方なら身に付けておかないと、むしろリスクであると思います。

ちなみに簿記3級より簡単な簿記初級も存在しますが、よっぽど自信がない方以外は最初から簿記3級を目指しましょう。

勉強するメリット

簿記3級を勉強するメリットには次のようなものが考えられます。

  • 経理・会計の基礎知識が身につく。
  • 進学や就職で自分をアピールする際に、合格しているとアピールポイントになる。
  • より高度な知識が必要な簿記2級・簿記1級・税理士・公認会計士などを本格的に目指す前に腕試しができる。

期待外れなところは?

基本的に簿記3級に合格するだけでは経理としてバリバリ働けたり株式投資等で財務分析をするのは難しいです。知識は役に立ちますが、また別の努力をする必要があります。

主催団体

簿記検定の主催団体は1つではありません。

  • 日本商工会議所主催の日商簿記検定
  • 全国経理教育協会主催の全経簿記検定
  • 全国商業高等学校協会主催の全商簿記検定 など

主催団体が違うと同じ簿記3級でも難易度が異なります。

その中でもオススメなのは日本商工会議所主催の日商簿記検定です。

日商簿記は上記主催団体の中では難易度が一番高いイメージですが、知名度も一番高いため合格するメリットが大きいです。なので、このブログも日商簿記3級について書いています。

試験内容(日商簿記3級)

試験科目試験時間合格基準合格率
商業簿記60分70%(点)以上40%前後

2021年度から(第158回試験より)施行方法が一部変更となっています。

試験日:年3回(6月・11月・2月)の全国統一試験日に2回(3級は9:00と11:00に試験開始)施行。ただし、商工会議所によっては1回のみ施行の場合もあるため要注意です。

申込受付方法:商工会議所によって異なります。受験希望地の商工会議所にお問い合わせやHPで確認しましょう。

ご参考までに全国統一試験受験者データはこちら。(公式HPより)

※第155回試験は中止されているためデータがありません。

また、2020年からネット試験(CBT方式)が開始されています。

商工会議所が認定した「テストセンター」で随時受験が出来るようになりました。

ネット試験の申し込み方法などは以下の記事にまとめています↓↓

随時受験可能なのは便利ですが、パソコン操作が苦手な方は簿記とは関係ないところで苦戦する可能性があるため、気をつけましょう。

ちなみに、このブログにはネット試験対策問題も準備していますので是非試してみてください↓↓

勉強方法は?

簿記3級の勉強方法で考えられる選択肢は次の通りです。

  • 通学
  • 通信講座
  • 独学

それぞれについて説明します。

通学

一番の理想は通学で勉強できることでしょう。

【メリット】

  • 合格への近道。
  • カリキュラムに沿って勉強ができる。
  • 分からないことはプロの講師に直接質問ができる。
  • 同じ目標を持った人たちと勉強ができる。
  • 生の授業でしか聞けない話もある。
  • 自習室が使える。

【デメリット】

  • お金がかかる
  • 通学時間がかかる
  • 授業の時間が決まっている

 

通学でオススメなスクールは資格の大原です。

社会人向け講座に通った経験がありますが、簿記の合格を目指すなら間違いない王道スクールです。ちなみに、私自身も大原で簿記1級に合格できたのでオススメです。

どんなスクールなのか気になる方は資料請求(無料)をすることができます。

無料資料請求はこちら

通信講座

効率的な勉強はしたいけど、通学は出来ないという方は通信講座でしょう。

【メリット】

  • 合格への近道。
  • カリキュラムに沿って勉強ができる。
  • 自由な時間に勉強ができる。
  • 分からないことはプロに質問ができる。

【デメリット】

  • お金がかかる。
  • 通学よりも質問がしにくい。

 

通信講座でオススメなスクールはクレアールです。

クレアールは最近人気なスクールで、安いときは簿記3級講座が約1万円とお手頃プライスなのが魅力です。

無料で資料請求

独学

簿記3級は勉強が苦手じゃなければ独学も可能なレベルです。

【メリット】

  • お金を節約できる。
  • 自由に勉強ができる。

【デメリット】

  • 分からないことを質問できない。
  • 学習スケジュールを自分で決めなければならない。
  • やり方によっては非効率。

 

最近は無料で簿記3級解説動画が提供されています。

無料動画でオススメなのはふくしままさゆきさんとたぬ吉さんです。

ふくしままさゆきさん:公認会計士でYouTubeに解説動画を投稿されたり、本も出版されています。

たぬ吉さん:同じく公認会計士YouTuberで、簿記や会計に関する幅広い動画を投稿されています。

公認会計士ってだけで安心ですね。どちらか自分に合っていそうな方の動画を使って勉強することをオススメします。

独学の勉強法

必要な物はテキスト・問題集・過去問・電卓です。あと、先ほど紹介した動画。

教材の選び方は、書店やネットで人気がありそうなモノなら基本的にどれでも大丈夫です。内容を確認して何となく自分に合ってそうな教材を選ぶといいでしょう。

オススメ教材

ご参考までに市販の教材でオススメなものを紹介します。

▼テキスト

▼問題集

▼過去問

▼電卓

お手頃価格でオススメなのはコチラ。とりあえずまともな電卓が欲しい方はこれでOKです。

個人的にオススメなのはコチラ。将来的に1級や税理士などを受験予定の方や経理実務をする方はこの電卓が間違いないです!

勉強の流れ

主な勉強の流れは次の通りです。

  1. テキストと動画で勉強しましょう。動画を活用することでテキストだけで勉強するよりも理解しやすいです。
  2. 問題集を解きましょう。間違えたところは必ず復習し、答えを見ても分からない場合はテキストや動画を見直しましょう。
  3. 過去問を解きましょう。ここでも間違えたところは必ず復習し、答えを見ても分からない場合はテキストや動画を見直しましょう。

分からないことはYahoo知恵袋のようなサイトで質問してみましょう。

学習が進んで過去問を何度も解くようになれば、確実に実力がつきます。

勉強時間の目安

独学で合格するためには勉強時間が120時間から140時間ほど必要というデータを大手スクールが出しています。

スクールを利用した場合でも80時間から100時間ほど必要とされています。

一日何時間勉強できるか考えて、勉強期間がどれくらいになりそうか逆算してみましょう。

 

ちなみに、このブログでスキマ時間に勉強することもオススメです!

↓↓なんとクレアールとの併用で77時間で合格された方がいます🎉🎉

クレアールは人気YouTuberのリベ大でもよくオススメされています🦁

しかも今なら無料でサンプル教材を請求することができます!

資料請求をする(無料)

また、合格後に就職・転職まで考えている方は是非こちらも読んでみてください♪

 

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆転職お得情報☆
転職成功率を上げたいなら管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japanがオススメ!
無料会員登録するだけで経験豊富なキャリアアドバイザーに相談・非公開求人の紹介などのサービスが受けられます♪
【無料】1分で簡単会員登録!

簿記ブログ
ヒカテツをフォローする
簿記はじめるってよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました