第160回日商簿記検定試験日まで

あと時間

主要簿と補助簿 簿記3級

3級解説記事

簿記とは帳簿に記入する技術ですが、今回はどのような帳簿があるのかを学習します。

まず、帳簿とは簡単にいうと取引を記録するノートのことで、大きく分けると「主要簿しゅようぼ」と「補助簿ほじょぼ」の2つに分かれます。

 

主要簿とは、取引の全てを記録する帳簿で、必ず作成する帳簿です。主要簿には「仕訳帳しわけちょう」と「総勘定元帳そうかんじょうもとちょう」があります。財政状態や経営成績を明らかにする貸借対照表たいしゃくたいしょうひょう損益計算書そんえきけいさんしょを作成するためにも必要な帳簿です。

 

補助簿とは、特定の取引または特定の勘定について明細を記録する帳簿で、主要簿の記録を補助するものであり、必要に応じて作成する帳簿です。補助簿は更に「補助記入帳ほじょきにゅうちょう」と「補助元帳ほじょもとちょう」に分かれます。

 

補助記入帳とは、特定の取引について明細を記録する帳簿です。詳しいことは後で学びますが具体的には、「現金出納帳げんきんすいとうちょう」、「当座預金出納帳とうざよきんすいとうちょう」、「小口現金出納帳こぐちげんきんすいとうちょう」、「受取手形記入帳うけとりてがたきにゅうちょう」、「支払手形記入帳しはらいてがたきにゅうちょう」、「仕入帳しいれちょう」、「売上帳うりあげちょう」があります。

補助元帳とは、特定の勘定について項目別に記録する帳簿です。こちらも詳しいことは後で学びますが具体的には、「売掛金元帳うりかけきんもとちょう」、「買掛金元帳かいかけきんもとちょう」、「商品有高帳しょうひんありだかちょう」、「固定資産台帳こていしさんだいちょう」があります。

 

 

【帳簿のイメージ】

 

主要簿 → 仕訳帳

    → 総勘定元帳

 

補助簿 → 補助記入帳 → 現金出納帳

            → 当座預金出納帳

            → 小口現金出納帳

            → 受取手形記入帳

            → 支払手形記入帳

            → 仕入帳

            → 売上帳

    → 補助元帳  → 売掛金元帳

            → 買掛金元帳

            → 商品有高帳

            → 固定資産台帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました